野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武・松坂が195日ぶり実戦登板 2ラン被弾に「そりゃそうだよな、という感じ」

西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が25日の韓国・斗山ベアーズとの練習試合(サンマリン宮崎)に先発。中日に在籍した2019年8月14日ウエスタンリーグのソフトバンク戦以来195日ぶりの実戦マウンドで、1回3安打2失点。奪三振はなし。MAXは141キロだった。

先発した西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】
先発した西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】

開幕ローテへの手応えは「まだない」

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が25日の韓国・斗山ベアーズとの練習試合(サンマリン宮崎)に先発。中日に在籍した2019年8月14日ウエスタンリーグのソフトバンク戦以来195日ぶりの実戦マウンドで、1回3安打2失点。奪三振はなし。MAXは141キロだった。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 先頭のパク・ゴンウ(右打者)は二ゴロに仕留めたが、2番ジョン・スビン(左打者)に右中間を破る三塁打を許し、3番オ・ジェイル(左打者)に初球の139キロを右翼席中段に放り込まれた。続く4番キム・ジェファン(左打者)は左飛。5番チェ・ジュハン(左打者)に中前打されたが、6番キム・ジェホ(右打者)は右飛。松坂はこの回だけで降板した。

 降板後に本塁打について松坂は「あの投げミスは(公式戦では)してはいけないなと。真ん中でしたね。打たれた瞬間、行ったと思ったし、そりゃそうだよな、という感じ」と反省を口にした。

 ストレートの球速については「140出ればいいというところですかね」と納得した様子。「(開幕先発ローテ入りの手応えは)まだないですね。あと何試合投げられるかわからないが、次は3(回)でも4(回)でも行けたらいい」と、次回登板への意欲を示した。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」