野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「それを求めて阪神に来た」 期待、重圧を楽しむ西勇輝の飽くなき挑戦

2020年。移籍2年目のシーズンを迎える阪神の西勇輝投手。昨季は26試合に登板し10勝8敗、防御率2.92の成績を残し“エース級”の活躍を見せた。自身2度目の開幕投手としても期待がかかる右腕がFull-Countの独占インタビューに応じタイトル奪取、チームの優勝、そして自身初の180イニングを目標に定めた。

阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】
阪神・西勇輝【写真:荒川祐史】

抜群の制球力を武器に移籍1年目の昨季は10勝を挙げたが「1キロでも速くって…」

 2020年。移籍2年目のシーズンを迎える阪神の西勇輝投手。昨季は26試合に登板し10勝8敗、防御率2.92の成績を残し“エース級”の活躍を見せた。自身2度目の開幕投手としても期待がかかる右腕がFull-Countの独占インタビューに応じタイトル奪取、チームの優勝、そして自身初の180イニングを目標に定めた。

【PR】開幕後は7月2日まで全試合配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 沖縄・宜野座で行われている春季キャンプで順調に調整を進める西勇。プロ12年目のシーズンを前に「調子は素晴らしい。いいですね。年々、コントロールが良くなっている。春キャンプにどうして仕上げていくか分かってきた」と手応えを口にする。

 驚くほどの球速はなくとも内外に投げ分ける制球力でここまで通算84勝をマーク。150キロ、そして160キロも珍しくない時代だが自身も球速を求めることがあったという。

「去年、一昨年、常に持っていた。1キロでも速くって…。でもそれが力みに変わる。疲れがたまったり、変なところが張ったりと…。それを見失うことが何回かあった。トライしてそれは違うと分かった。自分に合ってない。今はコントロール重視、土台のコントロールを作れば怪我せず1年間、回れるようになってきた」

 オリックス時代から大台となる“150キロ”に興味を示したこともあった。それでも怪我なく先発ローテーションを守り続けてきたのは自らを見つめ直し常に進化を求めたからだ。29歳となり若手投手陣が集まる阪神では中堅としてチームを引っ張ることも求められている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」