野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が2度目ブルペンで135キロ、変化球解禁 「まずまずのボールを投げられた」

大谷翔平が2度目ブルペンで135キロ、変化球解禁 「まずまずのボールを投げられた」

エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、米アリゾナ州テンピで行われているスプリングトレーニングで2度目のブルペンに入り、捕手を座らせて41球を投げた。直球は最速84マイル(約135キロ)で変化球も解禁。5月中旬のメジャーでの投手復帰に向けてまた一つステップを踏んだ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は捕手を座らせて41球、カーブ&スライダー&フォークを解禁した

 エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、米アリゾナ州テンピで行われているスプリングトレーニングで2度目のブルペンに入り、捕手を座らせて41球を投げた。直球は最速84マイル(約135キロ)で変化球も解禁。5月中旬のメジャーでの投手復帰に向けてまた一つステップを踏んだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大谷がまた一つギアを挙げた。捕手を座らせての41球のブルペン投球で変化球を解禁した。カーブ、スライダー、フォーク。感触を確かめながら、自身の持ち球を投げ込んだ。

「全体的に良かったと思います。すんなりというか、力を入れてまずまずのボールを投げられた。変化球もまずまず良かった。球速もそれくらい(84マイル)を設定していました」

 23日(同24日)に行った最初のブルペン投球は捕手を座らせて約20球。球速は81マイル(約130キロ)だったから、この球速を比較しても、着実にワンステップ進んだことがうかがえる。

「やることは前回とそんなに変わらず、心地よくしっかり投げるということ。多少は強度と球数が増えたくらいですね」

 予定されている5月中旬の復帰登板へ、着実に前に進んでいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」