野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 年俸25億円“不良債権化”デービスがOP戦で打率.800! 同僚も絶賛「絶好調」

年俸25億円“不良債権化”デービスがOP戦で打率.800! 同僚も絶賛「絶好調」

オリオールズのクリス・デービス内野手が“不良債権化”の声を吹き飛ばす活躍を見せいる。27日(日本時間28日)、パイレーツとのOP戦で「5番・一塁」で出場しOP戦2号を含む3打数2安打1打点と活躍。復活の兆しが見えるデービスに同僚も「彼は今絶好調」と称賛している。

オリオールズのクリス・デービス【写真:Getty Images】
オリオールズのクリス・デービス【写真:Getty Images】

29日のパイレーツ戦でOP戦2号となる一発、ここまで3試合でOPS2.880と爆発

 オリオールズのクリス・デービス内野手が“不良債権化”の声を吹き飛ばす活躍を見せいる。27日(日本時間28日)、パイレーツとのOP戦で「5番・一塁」で出場しOP戦2号を含む3打数2安打1打点と活躍。復活の兆しが見えるデービスに同僚も「彼は今絶好調」と称賛している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日、デービスは4回の第2打席で右前打を放つと、5回の第3打席では左中間へオープン戦2号となるソロホームランを放った。これでオープン戦は3試合に出場し、5打数4安打、打率.800、OPS2.880と絶好調だ。

 デービスは2016年から7年総額1億6100万ドル(約176億6700万円)の大型契約を結んだが、昨季成績は105試合で2年連続打率.200を下回る打率.179、12本塁打に終わるなど近年は成績を残せず“不良債権化”が懸念されていた。昨年は62打席連続無安打と極度の不振に陥るなど、不名誉な記録を打ち立ててしまったばかりだった。

 そんな不振を味わったデービスは、オープン戦とはいえ最高のスタートを切った。地元紙「ボルティモア・サン」は同僚のマウントキャッスルが「彼と今日少し話をしたんだ。お互い打席でどんなことが頭にあるかってことについてね。彼は今絶好調に見えるね。リラックスしている感じがする」とデービスを絶賛したことを伝えている。

 本塁打王に2度(2013、15年)、打点王に1度(13年)輝くなど実績十分のデービスに「彼は経験豊富な選手。みんなから色々吸収するのは、間違いなく良いことだよ」とマウントキャッスルは語るなど、シーズン開幕へ向けて調子が上向きのベテランの様子を伝えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」