野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 4年ぶり支配下の中日濱田達郎の現在地 「結果を残して取り返したい」ものとは

4年ぶり支配下の中日濱田達郎の現在地 「結果を残して取り返したい」ものとは

背番号69が初々しい。2月下旬、中日の2軍がキャンプを行う沖縄・読谷球場。濱田達郎の表情は明るかった。育成から4年ぶりに支配下選手に返り咲いて迎えた球春。かつて大谷翔平、藤浪晋太郎とともに「高校BIG3」と呼ばれた大型左腕はいま、度重なる手術で味わったどん底からの復活を遂げようとしている。

中日・濱田達郎【写真:小西亮】
中日・濱田達郎【写真:小西亮】

大谷、藤浪と「高校BIG3」と称された中日濱田達郎は4年ぶりに支配下復帰した

 背番号69が初々しい。2月下旬、中日の2軍がキャンプを行う沖縄・読谷球場。濱田達郎の表情は明るかった。育成から4年ぶりに支配下選手に返り咲いて迎えた球春。かつて大谷翔平、藤浪晋太郎とともに「高校BIG3」と呼ばれた大型左腕はいま、度重なる手術で味わったどん底からの復活を遂げようとしている。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「ん?」。一瞬、状況が飲み込めなかった。昨秋の契約交渉でのこと。球団代表との会話の中で、「支配下契約」という言葉が発せられた。「最初は何を言っているんだろうって……」。育成選手としての3年間が終わり、クビも覚悟していた。もし契約できたとしても、てっきり育成でもう1年猶予をもらえるだけだと思っていた。球団がかける期待は、濱田自身も想定外の大きさだと知った。

 支配下を引き寄せた大きなきっかけは、昨秋の教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」だった。チームメートの打者たちに意見を聞きながら、投球フォームを模索。セットポジションの立ち位置やリリースポイントなどを試行錯誤し、元来のスリークオーター気味の投げ方に活路を見出した。9試合で10イニング1/3を投げ、わずか1失点。視察した与田剛監督の前で大きなアピールにもなった。

「手応えはあります。ボールを操れている感じはあるので」。濱田は大きくうなずく。本来は先発タイプだったが、現在は中継ぎでの起用。見守ってきた2軍の小笠原孝投手コーチも「自分自身で考えながらやっていた。勝負をかけたんだと思う」と感慨深げに言う。左打者に対してより球が見にくくなった点に加え、右にも左にも効果的なチェンジアップも評価し、「体が元気なら、面白い存在だと思う」と強調。1軍投手陣を支える存在になる可能性も「大いにある」とうなずいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」