野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • サイン盗みの効果は「驚くほどゼロに近い」 米メディアが検証「最大の代償は名声」

サイン盗みの効果は「驚くほどゼロに近い」 米メディアが検証「最大の代償は名声」

野球界に大きな衝撃を与えたアストロズのサイン盗み。ゴミ箱を叩くなど“不正”により得た2017年のワールドシリーズトロフィーの返還を求める声が後を絶たない。そんな中、米紙「LAタイムズ」はサイン盗みが打撃成績向上に直結していなかったことを伝えている。

2017年に世界一となったアストロズ【写真:Getty Images】
2017年に世界一となったアストロズ【写真:Getty Images】

データサイエンティストが分析、2017年の世界一は「不正をしてドジャースを破ったのか?」

 野球界に大きな衝撃を与えたアストロズのサイン盗み。ゴミ箱を叩くなど“不正”により得た2017年のワールドシリーズトロフィーの返還を求める声が後を絶たない。そんな中、米紙「LAタイムズ」はサイン盗みが打撃成績向上に直結していなかったことを伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 当時ドジャースに所属していたダルビッシュ(現カブス)らも被害者となった2017年のワールドシリーズ。アストロズは圧倒的な打撃力でチャンピオンリング、トロフィーを手にした。サイン盗みによってドジャース投手陣を打ち崩したとみられているが、データ分析のスペシャリストの意見は違ったようだ。

 米紙「LAタイムズ」は「アストロズは不正をしてドジャースを破ったのか? 数字はそれを示さない」との見出しで、データサイエンティストのロバート・アーサー氏の分析を紹介。「ゴミ箱叩きの正味の影響は、驚くほどゼロに近いです」と、ほとんど意味がなかったことを伝えている。

 アストロズの打者は16年にチーム1452三振。両リーグで4番目に多く、MLB史上8番目に多かったが17年は一気に365個を減らして1087三振。両リーグを通じて最少だった。数字として三振数の減少が出ているが記事では17年は三振の少ない打者が多くラインナップに加わっていたことを指摘している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」