野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が適時打 OP戦7打席目で初安打&初打点「見え方は少し良くなってる」

大谷翔平が適時打 OP戦7打席目で初安打&初打点「見え方は少し良くなってる」

エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第1打席に、オープン戦初ヒットとなる左前適時打を放ち、2打数1安打1打点だった。交代後には「見え方は少し良くなっている」と手応えを示した。

肘当てを付けずに出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
肘当てを付けずに出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

開幕へ向けて試行錯誤、肘当てをつけず出場「どんな感じかなと」

■エンゼルス – レンジャーズ(オープン戦・日本時間29日・テンピ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第1打席に、オープン戦初ヒットとなる左前適時打を放ち、2打数1安打1打点だった。交代後には「見え方は少し良くなっている」と手応えを示した。

 オープン戦3試合目の出場となった大谷。1点を先制した直後の初回1死三塁で打席に立つと、右腕リンの91マイル(約146キロ)の内角高めへの速球を左前に弾き返した。7打席目にして初安打、初打点となった。

 3回1死走者なしで迎えた第2打席は、カウント1-2から速球に空振り三振。5回の打席で代打を送られて交代となった。

 交代後、大谷はオープン戦初ヒットが出たことについて「見え方は少し良くなってるかなと思ってます。距離(感)と」と振り返った。この日は右腕に肘当てをつけずに出場。前日に続いて、右足を上げない打撃フォームで試合に臨んだ。

 大谷は、肘当てをつけなかったことについては「どんな感じなのかなと」と振り返り、打撃フォームについても「シーズン中でも普通に変えますし、それはどうのこうのということではなく、シーズンに入ってからも打ち方、投げ方もそうですけど、いろいろ変えるじゃないかなと思います」と話した。開幕に向けて、試行錯誤を続けている。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」