野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島・森下が竜打線相手に3回無失点救援 OP戦2戦目にしてドラ1の実力示す

広島のドラ1右腕・森下暢仁投手が1日、中日戦とのオープン戦のマウンドに2番手として登板。3回無失点と好投した。

広島・森下暢仁【写真:荒川祐史】
広島・森下暢仁【写真:荒川祐史】

中日の1番・大島は3球三振斬り

■中日 – 広島(オープン戦・1日・ナゴヤドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 広島のドラ1右腕・森下暢仁投手が1日、中日戦とのオープン戦のマウンドに2番手として登板。3回無失点と好投した。

 先発のジョンソンが4回1失点(自責0)と好投し、3点リードの場面で5回のマウンドから後を継いだ森下。先頭の京田を二ゴロ、木下を遊ゴロ、大島には2球で追い込み、チェンジアップで3球三振斬りとした。

 続く6回、1死から福田に左前打を許すも、続くビシエドを遊飛、阿部を右飛と危なげなく後続を断った。

 3イニング目となる7回は、先頭の平田には7球粘られるも空振り三振に。武田は捕邪飛、京田を一ゴロと3者凡退に退けた。

 オープン戦初登板となった2月22日のヤクルト戦では3回2失点と得点を献上したものの、2戦目となるこの日は3イニング1安打無失点とドラ1の実力を示した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」