野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

実績十分な松坂にも可能性 松本好投で大きく前進も混迷する西武の開幕ローテ争い

西武の開幕先発ローテーション争いが佳境だ。チームは一昨年、昨年とパ・リーグ2連覇を果たしたが、はっきり言って、チーム打率と総得点がともに2年連続リーグトップだった強力打線のお陰。投手陣はチーム防御率が2年連続リーグワーストに終わった雪辱を求められている。

西武・松本航【写真:宮脇広久】
西武・松本航【写真:宮脇広久】

2年目松本は5回無失点で開幕ローテ入りへ大きく前進

 西武の開幕先発ローテーション争いが佳境だ。チームは一昨年、昨年とパ・リーグ2連覇を果たしたが、はっきり言って、チーム打率と総得点がともに2年連続リーグトップだった強力打線のお陰。投手陣はチーム防御率が2年連続リーグワーストに終わった雪辱を求められている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 そんな中、1日のDeNAとのオープン戦(長崎)に、2年目の松本航投手が先発。最初の2イニングはストレート、ブレーキの効いたカーブ、フォークが冴え、6つのアウトのうち5つを三振で奪った。その後の3イニングは一転、フライを打たせて仕留めた。結局、5回3安打5奪三振無四死球で無失点の快投。前回登板(2月22日のロッテとの練習試合)も3回無安打無失点に封じており、開幕先発ローテ入りに大きく前進したといえる。西口投手コーチは「次が大事だが、今日は何も言うことはない」と目を細めた。

 ドラフト1位で日体大から入団した昨季、開幕には出遅れたが、16試合に登板し(先発16)、7勝4敗、防御率4.54。本人も「昨年は切羽詰まって自分のことで精一杯でしたが、今年はマウンドで余裕があるというか、打者の反応を見れるようになったり、自分の投球フォームを客観的に見ながら投げられるようになってきたと思います」と手応えを口にする。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」