野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 5年ぶりにメジャーの舞台で実現した“筒香VS前田” 全9球に込められた両者の思い

5年ぶりにメジャーの舞台で実現した“筒香VS前田” 全9球に込められた両者の思い

レイズの筒香嘉智外野手とツインズの前田健太投手の対決が1日(日本時間2日)、フロリダ州ポートシャーロットのレイズ本拠地で実現した。前田が広島最終年の2015年以来5年ぶりとなった対決は、左飛、右飛と打ち取った前田に軍配が上がった。

メジャー初対決が実現したツインズ・前田健太(左)とレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
メジャー初対決が実現したツインズ・前田健太(左)とレイズ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

2015年以来の対決は左飛、右飛と打ち取った前田に軍配

 レイズの筒香嘉智外野手とツインズの前田健太投手の対決が1日(日本時間2日)、フロリダ州ポートシャーロットのレイズ本拠地で実現した。前田が広島最終年の2015年以来5年ぶりとなった対決は、左飛、右飛と打ち取った前田に軍配が上がった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前田との対決を前に「対戦する中でいろいろ気付かせてもらうことがいっぱいあると思う。勉強させてもらいます」と抱負を話していた筒香は、メジャーで実績を積み上げる先輩右腕との2打席、9球の勝負に「コントロールの凄さを僕は感じた」と振り返った。

 初回の第1打席、筒香は「途中まで真っすぐに見えて最後にちょっと沈むすごく嫌なボール」と舌を巻く、外角低めへの83マイル(約134キロ)チェンジアップで左飛に打ち取られた。追い込まれていたため、ボール気味の球をバットで拾う右手1本のスイングで対応するのがやっとだった。

 2回の2打席目は、左打者対策で磨きをかけた内角低めのボールになるカッターに誘われ、ハーフスイングで空振りを奪われた。筒香はこの打席で甘く入るスライダーを捉え逆風が舞う右翼へ大飛球を打ち上げたが、打球は予想を裏切る右飛。登板を終えフィールドから引き上げる前田と別れの挨拶を交わした筒香は「風がなくても(打球は)行ってなかったです」とミスショットを認めたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」