野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹サファテ、348日ぶりの復活マウンドにファン涙 「お帰りなさい」「キングのご帰還」

ソフトバンクのデニス・サファテ投手が3日、PayPayドームで行われたヤクルトとのオープン戦に登板した。右腕の実戦登板は2019年3月21日の楽天とのオープン戦以来、348日ぶり。1イニングを投げ1安打無失点と復活のマウンドに上がった助っ人右腕にファンも「キングのご帰還ダァ!」と喜びの声を上げている。

オープン戦に登板したソフトバンクのデニス・サファテ(右)【写真:福谷佑介】
オープン戦に登板したソフトバンクのデニス・サファテ(右)【写真:福谷佑介】

ヤクルトとのオープン戦で348日ぶりの実戦登板を果たしたサファテ

■ソフトバンク 2-0 ヤクルト(オープン戦・3日・PayPayドーム)

【動画】帰ってきた“キング・オブ・クローザー”! 348日ぶりに実戦登板したホークス・サファテの実際の投球

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が3日、PayPayドームで行われたヤクルトとのオープン戦に登板した。右腕の実戦登板は2019年3月21日の楽天とのオープン戦以来、348日ぶり。1イニングを投げ1安打無失点と復活のマウンドに上がった助っ人右腕にファンも「キングのご帰還ダァ!」と喜びの声を上げている。

 バンデンハークの後を受け、6回から4番手としてマウンドに上がったサファテ。先頭の西田を遊飛に打ち取ると続く西浦には143キロの真っ直ぐを弾き返されて中前打を浴びる。だが、中村の3球目で西浦が盗塁に失敗すると最後は144キロで中村を中飛に打ち取り無失点で復帰登板を終えた。

 2018年に右股関節の手術を受け回復が思わしくなく、昨年3月のオープン戦登板を最後に実戦から遠ざかり、6月には再離脱。実に約1年、348日ぶりの実戦のマウンド。ソフトバンク公式ツイッターもサファテの復活マウンド動画を公開し祝福した。

 待ちに待った「キング・オブ・クローザー」の復活にファンも「キングのご帰還ダァ!」「嬉しくて泣きそう」「おかえりなさい!」「サファテお帰りなさい」と歓喜のコメントが相次いだ。

 この日の最速は144キロだったが工藤公康監督も「まずはマウンドに上がることができたのが何より。球威うんぬんよりも、一歩踏み出せたことが何よりだと思います」と及第点。サファテの完全復活を誰もが待ち望んでいる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」