野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト長谷川が自己最速153キロで古巣斬り 鷹育成から燕支配下、元同僚も絶賛「エグかった」

ヤクルトの長谷川宙輝投手が古巣相手に好投した。3日、PayPayドームで行われたソフトバンクとのオープン戦。8回に3番手としてマウンドに上がった左腕は1イニングを無失点に封じた。

ヤクルトの長谷川宙輝【写真:藤浦一都】
ヤクルトの長谷川宙輝【写真:藤浦一都】

自己最速153キロをマークし、1イニングを無失点に

■ヤクルト 2-0 ソフトバンク(オープン戦・3日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ヤクルトの長谷川宙輝投手が古巣相手に好投した。3日、PayPayドームで行われたソフトバンクとのオープン戦。8回に3番手としてマウンドに上がった左腕は1イニングを無失点に封じた。

 昨季までソフトバンクに育成選手として在籍した長谷川。オフに自由契約となると、育成再契約を打診したソフトバンクではなく、支配下契約を提示したヤクルトを新天地に選んだ。その古巣との一戦で開幕1軍入りをアピールする好投を見せた。

 先頭の明石に対して自己最速となる153キロをマーク。明石を左飛に打ち取ると、栗原は二ゴロに打ち取った。釜元には四球を与えたが、高田を二ゴロに封じて、元チームメートたちを無失点に封じた。昨季までファームでプレーしていた尾形は「長谷川さんエグかったです」と驚いていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」