野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 加藤豪将
  • 加藤豪将、メジャー昇格目指し日々手応え 無安打に終わるも「いいアプローチだった」

加藤豪将、メジャー昇格目指し日々手応え 無安打に終わるも「いいアプローチだった」

マーリンズとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加している加藤豪将内野手は3日(日本時間4日)、米フロリダ州ポートセントルーシーで行われたメッツとのオープン戦に、6回の二塁守備から途中出場。9回先頭で回った打席は空振りの三振で打率を.375に下げた。

メッツとのオープン戦に出場したマーリンズ・加藤豪将【写真:木崎英夫】
メッツとのオープン戦に出場したマーリンズ・加藤豪将【写真:木崎英夫】

メジャーでの実績持つ同じユーティリティのロドリゲスにアドバイスを求める姿も

■マーリンズ 6-1 メッツ(オープン戦・日本時間4日・ポートセントルーシー)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マーリンズとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加している加藤豪将内野手は3日(日本時間4日)、米フロリダ州ポートセントルーシーで行われたメッツとのオープン戦に、6回の二塁守備から途中出場。9回先頭で回った打席は空振りの三振で打率を.375に下げた。

 4-1とリードした9回表、先頭で打席が回った。マウンドには過去2年で何度も対戦している右腕アドニス・ウセタ。カウント2-2からの5球目、外角高めの153キロ直球にバットが空を切り空振り三振に終わる。5試合ぶりのヒットは出せなかったが、試合後の加藤の表情は明るかった。

 これまでの出場7試合でできていなかった「チェンジアップの見極め」をこの打席で試みた。マイナー時代の対戦でウセタがチェンジアップを効果的に使うことから、絶好の機会と捉え初球から3球続いたその球を、タイミングよくファウルするなど、好感触を得た。最後は高めに浮きあがる直球を捉えれず結果には結び付けられなかったが、加藤はこの打席を歯切れ良く振り返った。

「最初の3球のチェンジアップで1球のボールを見極めて、ストライクをちゃんと振れたっていう方が今日は良かったと思います。今までスライダーしか見てなくて、チェンジアップがあまり見極められなくて打ててないので。今日はそういう面では小さいことですけどいいアプローチだったと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」