野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ・ジョーンズ初安打が来日1号! ロッテは安田が初安打となる適時打、試合は引き分け

オリックスは4日、京セラドームで行われたロッテとのオープン戦を6-6の引き分け。新助っ人のジョーンズが“来日1号”となる2ランを放ち、投げては先発の東明が3回無失点、2番手のルーキー・村西も3回1失点の好投でアピールした。ロッテは安田がオープン戦初安打となるタイムリーを放った。

オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】
オリックスのアダム・ジョーンズ【写真:荒川祐史】

ジョーンズは初回の第1打席で左翼席へ来日1号となる先制2ラン

■オリックス 6-6 ロッテ(オープン戦・4日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 オリックスは4日、京セラドームで行われたロッテとのオープン戦を6-6の引き分け。新助っ人のジョーンズが“来日1号”となる2ランを放ち、投げては先発の東明が3回無失点、2番手のルーキー・村西も3回1失点の好投でアピールした。ロッテは安田がオープン戦初安打となるタイムリーを放った。

 オリックスは初回2死一塁から4番のジョーンズが左翼席へ“来日1号”となる2ランを放ち先制。1点リードの4回は無視二塁から宗のタイムリー三塁打、若月の中犠飛、福田の中前適時打で3点を奪いリードを広げた。

 投げては先発の東明が3回3安打無失点の好投を見せると、2番手のドラフト3位ルーキー・村西も3回1安打4奪三振、1失点の好投を見せた。

 ロッテは4回にマーティンの1号ソロ、7回には安田のオープン戦初安打となる左前タイムリーなどで3点を追加。2点を追う8回には福田光の中前適時打、安田の二ゴロの間に1点を加え同点に追いついた。先発の岩下はジョーンズに一発を浴びるなど5回9安打5失点と課題を残した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」