野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 年俸25億円“不良債権”の活躍にファンは「過剰反応」 MLB公式「罪を償うような活躍」

年俸25億円“不良債権”の活躍にファンは「過剰反応」 MLB公式「罪を償うような活躍」

オリオールズのクリス・デービス内野手が幸先の良い春を過ごしている。ここまで9打数5安打3本塁打で打率.556、OPSは驚異の2.203となっている。MLB公式サイトは「スプリングトレーニングの話題への過剰反応」との見出しで10のファンツイートを引用し特集。その中にデービスの“復活”について触れている。

オリオールズのクリス・デービス【写真:AP】
オリオールズのクリス・デービス【写真:AP】

ファンが反応「僕は、新しいクリス・デービスを受け入れる」

■ナショナルズ 5-3 オリオールズ(オープン戦・日本時間4日・ウエストパームビーチ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 オリオールズのクリス・デービス内野手が幸先の良い春を過ごしている。ここまで9打数5安打3本塁打で打率.556、OPSは驚異の2.203となっている。MLB公式サイトは「スプリングトレーニングの話題への過剰反応」との見出しで10のファンツイートを引用し特集。その中にデービスの“復活”について触れている。

「僕は、新しいクリス・デービスを受け入れる」とのファンのツイートを引用し、始まった文章は「クリス・デービスがこれまでの罪を償うような活躍をしている、という話は、最高のスプリングトレーニング話だ。みんなが、クリス・デービスのこの春のスタッツに反応してい」と、今春のデービスの活躍を紹介しつつも次のように続く。

「デービスが、ア・リーグのMVPを争うようにはならないだろうということを、わざわざ教えてくれなくてもいい。彼のwOBA(打者が1打席あたりにどれだけチームの得点増加に貢献したかを表す指標)は.263で、これは、昨年、球界で下位1%だった。また、彼の過去3シーズンにわたる三振率は、驚きの37.6%であった。これらのことを考えると、彼は、カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの候補になることも怪しいだろう」

 デービスは2016年から7年総額1億6100万ドル(約173億円)の大型契約を結んだが、昨季は62打席連続無安打の不名誉な記録を作るなど105試合で打率.179、12本塁打と不本意なシーズンを送り“不良債権”との批判も受けていた。

 記事では、「デービスはこの春の活躍で、それ自信を十分に得ることができるだろう」としながらも「判決:この春のデービスへの(多くの人の)反応は、過剰反応だ。しかし、みんなが彼を応援したい気持ちは良くわかる」と締めくくっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」