野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・石川、開幕ローテ当確 工藤監督「もちろん」、バレ激走には「意図汲んでくれてる」

ソフトバンクは5日、本拠地PayPayドームでヤクルトとオープン戦を戦い、5-3で逆転勝ちした。先発の石川柊太投手が4回1失点と好投し、6回に川島慶三内野手が右中間に走者一掃の適時三塁打を放って逆転した。

満足げな表情を浮かべたソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
満足げな表情を浮かべたソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ベテラン長谷川も全力疾走で内野安打2本、指揮官「チームにとって大きい」

■ソフトバンク 5-3 ヤクルト(オープン戦・5日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは5日、本拠地PayPayドームでヤクルトとオープン戦を戦い、5-3で逆転勝ちした。先発の石川柊太投手が4回1失点と好投し、6回に川島慶三内野手が右中間に走者一掃の適時三塁打を放って逆転した。

 2回に松田宣のオープン戦1号のソロ本塁打で先制したソフトバンク。先発の石川は3回に坂口に適時打を許して同点とされたが、失点はこれだけ。4回を2安打1失点にまとめ、工藤公康監督は「良かったと思います。4回1失点ですからナイスピッチング」とコメント。開幕ローテ入りについても「もちろん」とし、ほぼ当確と言えそうだ。

 2番手の川原が逆転を許したものの、3番手の高橋純が2イニング、4番手の嘉弥真、5番手の森は1イニングずつをきっちり無失点に。指揮官は守護神の仕上がり具合についても「ボールも強くなってきている。順調だと思います」と納得の表情だった。

 6回には4番に入ったバレンティンが左中間への適時打を放つと、全力疾走で二塁を陥れる好走塁。さらにベテラン長谷川も2本の内野安打とオープン戦にもかかわらず、助っ人とベテランの走塁が光った。工藤監督は「(バレンティンは)意図を汲んでやってくれている。ああやって外国人やベテランがしっかり走って見せてくれるとチームにとって、若い人にとって大きい。良くやってくれている」と目を細めていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」