野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

野村克也氏は「野球を言葉にする詩人」 13年間仕えた燕池山2軍監督が語る名将【前編】

2月11日に虚血性心不全のため84歳で亡くなった野村克也氏。現役27年、選手兼任を含めてNPBの監督を24年、社会人野球シダックスの監督を3年務め、日本球界に計り知れない功績を残した。

今季からヤクルト2軍を率いる池山隆寛監督【写真:片倉尚文】
今季からヤクルト2軍を率いる池山隆寛監督【写真:片倉尚文】

池山氏はヤクルトの選手で9年、楽天のコーチで4年、野村氏に仕えた

 2月11日に虚血性心不全のため84歳で亡くなった野村克也氏。現役27年、選手兼任を含めてNPBの監督を24年、社会人野球シダックスの監督を3年務め、日本球界に計り知れない功績を残した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 特筆すべき功績は「人材」を残したことだろう。今季のNPB12球団で、野村氏の薫陶を受けた監督は実に6人。日本ハム・栗山英樹監督、楽天・三木肇監督、西武・辻発彦監督、ヤクルト・高津臣吾監督、中日・与田剛監督、阪神・矢野燿大監督が現役時代に指導を受けた。侍ジャパン日本代表を率いる稲葉篤紀監督も“野村チルドレン”だ。

 そして、今季からヤクルトの2軍を率いる池山隆寛氏は「野村野球」に最も触れた1人だろう。ヤクルトの選手として9年間、そして楽天の1軍打撃コーチとして4年間、実に計13年間も野村氏に仕えた。池山氏は宮崎・西都市で行われていた2軍キャンプを離れ、死去翌日の12日に東京都内の野村氏の自宅を訪れ、恩師と最後の対面をした。

「ヤクルトのユニホームを着て綺麗な顔で眠っておられた。色んなユニホームを着られた中からヤクルトのユニホームで……。本当にこれだけの時間を一緒に過ごさせていただいて、自分にとってかけがえのない経験であり、財産になっている。感謝しかありません」

 野村氏がヤクルトの監督に就任した1990年のこと。「チームにタレントはいらない」と野村氏が話しているのを池山氏は報道で知った。前年1989年に34本塁打を放つなどチームの「顔」に成長していた池山氏は自分のことだと思い当たる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」