野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星の154キロ&3回5K投球をMLB公式絶賛 「また素晴らしい投球を見せた」

菊池雄星の154キロ&3回5K投球をMLB公式絶賛 「また素晴らしい投球を見せた」

マリナーズの菊池雄星投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレス戦に先発。最速154キロの直球にカーブなどを交え、3回無安打2四球5奪三振無失点と快投を演じた。スコット・サービス監督は「別人のようだ」と、この投球を絶賛している。MLB公式サイトが伝えている。

パドレスとのオープン戦に登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
パドレスとのオープン戦に登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

サービス監督も高評価「本当に良い状態、別人のようだ」

■パドレス 3-0 マリナーズ(オープン戦・日本時間6日・ピオリア)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手は5日(日本時間6日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレス戦に先発。最速154キロの直球にカーブなどを交え、3回無安打2四球5奪三振無失点と快投を演じた。スコット・サービス監督は「別人のようだ」と、この投球を絶賛している。MLB公式サイトが伝えている。

 MLB公式サイトの記事は、菊池について「今春マリナーズの主な疑問の1つは、2年目のユウセイ・キクチの成長に関してである。この28歳の日本人は木曜日にパドレスに3-0で敗戦した試合で、また素晴らしい投球を見せた」と称賛している。菊池は2月28日(同29日)のダイヤモンドバックス戦で2回1/3を1失点。2試合連続での好投を評価している。

 スコット・サービス監督もこの投球を「春を通して、ユウセイの球速が上がっている。92~94マイル(約148~151キロ)から始まり、96マイル(約154キロ)を見るようになった。今春本当に良い状態だよ。別人のようだ」と称賛した。

 メジャー1年目の昨季は32試合登板で6勝11敗、防御率5.46と期待に応えられなかった。しかし、このオフには投球フォームを改造。カブスのダルビッシュ有投手も「短期間でここまでテークバックを変えられるってマジですごい」と注目していたテークバックの大胆変更がハマったのか、この日は初回に2四球を出すも無安打投球。3回には154キロを計測するなど圧巻の出来だった。今季は“汚名返上”の活躍が期待できそうだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」