野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島大瀬良が開幕投手へ5回0封 西武は鈴木が定位置アピール打

広島は6日、西武とのオープン戦(マツダスタジアム)で2-1で勝利。先発の大瀬良大地投手が5回3安打無失点と好投。2年連続開幕投手へ順調な仕上がりを見せた。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

西武の開幕投手ニールは5回途中2失点

■広島 2-1 西武(オープン戦・6日・マツダ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 広島は6日、西武とのオープン戦(マツダスタジアム)で2-1で勝利。先発の大瀬良大地投手が5回3安打無失点と好投。2年連続開幕投手へ順調な仕上がりを見せた。

 大瀬良は2回に連打で無死一、二塁としたが、併殺打と中飛に抑えた。4回も先頭打者を出したものの、後続を切った。3試合目のオープン戦登板で初の無失点投球となった。打線では新助っ人ホセ・ピレラ外野手が4回の打席で右手首付近に死球を受けて途中交代。野間峻祥外野手が4回1死二、三塁から中前2点打を放ち、これが決勝点となった。

 西武は開幕投手のザック・ニールが4回1/3で5安打2失点だった。打線では途中出場の鈴木将平外野手が9回2死一、二塁から左中間適時二塁打を放ち、外野の定位置取りへアピールした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」