ヤクルトが新型コロナ対策でファンサービス全面自粛 無観客試合でプレゼント実施

ヤクルト・高津監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト・高津監督【写真:荒川祐史】

例外なくファンサービスを自粛、公式ツイッターで試合に関するプレゼントを実施

 ヤクルトは6日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、監督、コーチ、選手、マスコットによるファンサービスの自粛を継続すると発表した。

 これまではファンサービスを実施しない可能性もあるとしてきたが、今回の発表ではサイン、ハイタッチ、握手、写真撮影、プレゼントの受け渡し等のファンサービスを全面自粛する。また球場だけではなく、球場入りや帰宅時のチームの移動、ホテル等宿泊先などすべての場面で例外なく自粛することを伝え、選手を待ち受ける行為を自粛するようファンに求めている。

 また、神宮球場で開催され無観客試合となるオープン戦4試合で、ファンへのプレゼント企画を行うと発表。ヤクルトの公式ツイッターをフォローし、プレゼントに関する投稿を確認後、期日までに指定のハッシュタグをつけてコメントして応募することができる。勝利投手のサインボールやサイン入りホームランボール、つば九郎のコメント入りサイン色紙などがプレゼントされるという。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY