野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍ジャッジ、肋骨疲労骨折で開幕絶望に ブーン監督も困惑、手術の可能性も

ヤ軍ジャッジ、肋骨疲労骨折で開幕絶望に ブーン監督も困惑、手術の可能性も

右肩に痛みを訴えていたヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が精密検査を受け、肋骨を疲労骨折していことが分かった。MLB公式サイトが伝えている。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

検査を受けたジャッジは肋骨の疲労骨折が判明、2週間の離脱となり開幕は絶望に

 右肩に痛みを訴えていたヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が精密検査を受け、肋骨を疲労骨折していことが分かった。MLB公式サイトが伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ジャッジはスプリングトレーニングが始まった頃から右肩に痛みを感じており、野手のキャンプが始まった2月17日以降、守備練習などは行っていたが屋外でスイングをしていなかった。その後、MRI、CT検査を受けたジャッジについてMLB公式サイトは「肋骨を骨折、2週間の離脱」と伝えた。

 記事では開幕戦までの復帰は絶望的で、最悪の場合は手術も必要になるという。ジャッジ不在の中で開幕を迎えることが濃厚となり、ブーン監督も「いつになるかは好きなように推測してくれて構わない。大事なことは今から2週間後。もう一度状態を見て、その時どう対処するか見ていく」と、苦しい胸の内を語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」