野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、打撃フォーム試行錯誤も不安なし OP戦不振も「調整の一環」「悪くない」

大谷翔平、打撃フォーム試行錯誤も不安なし OP戦不振も「調整の一環」「悪くない」

エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、ロイヤルズとのオープン戦に「4番・DH」でスタメン出場し2打数無安打に終わった。オープン戦打率は.083と不振が続いているが、本人は至って冷静に打撃を分析している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷はここまでオープン戦6試合に出場し12打数1安打、打率.083

■エンゼルス 4-4 ロイヤルズ (オープン戦・日本時間7日・テンピ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、ロイヤルズとのオープン戦に「4番・DH」でスタメン出場し2打数無安打に終わった。オープン戦打率は.083と不振が続いているが、本人は至って冷静に打撃を分析している。

 この日は第1打席で四球を選び出塁したが、第2打席は三振、第3打席は二ゴロに倒れ快音は響かず。これでオープン戦6試合に出場し12打数1安打、8三振、打率.083と結果が出ない状況だが「最後の打席は軌道がちょっとズレてるけど、距離感的にはまぁ悪くはないと思う」と手応えも口にしている。

 今キャンプでは右足を上げる打撃フォームを試すなど試行錯誤が続いている。ルーキーイヤーの2018年にも開幕直前に打撃フォームをすり足に変更し結果を残した経験もあるだけに「元々は練習の一環でやってたので。シーズン中にも変えるし練習と試合で全然違う打ち方をしたりもする。一昨年はたまたま3日前だっただけなので。調整の一環です」と語った。

 実戦で結果は出ていないが、本人に焦りは一切ない。残り期間で微調整を続け開幕を迎えるつもりだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」