「10年から15年はショートが安泰」―専門家を唸らせたDeNAドラ1森敬斗の魅力とは

DeNA・森敬斗【写真:編集部】
DeNA・森敬斗【写真:編集部】

野口氏は森がU-18W杯で見せたセンターでの守備にも驚愕「すごい肩してるな」

「もうベイスターズは10年から15年はショートが安泰かな」

 現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、17年から2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏を唸らせたのは、今季DeNAから1位指名を受けプロの世界へ飛び込んだ森敬斗内野手だ。

 沖縄県宜野湾市で行われたキャンプ中に森が放った安打を間近で見た野口氏は、「カウント3-1から、ちょっとインコース低めの甘いところだったと思います。強引にいきたくなるところを堪えたかどうかはわからないですけど、センターにピッチャーの足元めがけて『パーンッ』と打ち返したのは、これはちょっとセンスを感じるなと思いました」としっかりと考え抜かれたバッティングに脱帽した様子。続けて“走力”についても絶賛した。

「その後ランナーセカンドからヒット1本でホームまでいきました。走塁技術というのを勉強するともっともっと良くなります。ちょうどグラウンド整備した後だったので、森が走ってきた足跡が(ダイヤモンドに)残っていたのですが、かなり膨らみをもって走っていました。あれがもうちょっとラインに近づいて走ってくるようになると、もっともっと良くなると思います。プロの走塁技術というのを教わって吸収していけば、走塁に関してすごく良い選手になるのではないかなと」

DeNAのドラ1指名にも納得「『あれだったらそうだよね』と」

RECOMMEND

CATEGORY