野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島ドラ1森下、開幕ローテへ快投! 阪神ドラ2井上はプロ初安打初打点…8日OP戦は?

プロ野球のオープン戦は8日、各地で3試合が行われた。西武の松坂大輔投手は広島戦(マツダスタジアム)でオープン戦初登板初先発し、3回3四球4安打で2失点。2回に鈴木誠に一発を浴び、會澤の適時打で追加点を許した。3回は3四球と安打などで満塁としたが、無失点でしのいだ。一方の広島ドラフト1位、森下暢仁投手(明大)は5回で8三振を奪い、3安打無失点と好投。開幕ローテーション入りへ大きくアピールした。

広島・森下暢仁【写真:荒川祐史】
広島・森下暢仁【写真:荒川祐史】

西武松坂は3回4安打2失点、巨人北村は2安打2打点4出塁

 プロ野球のオープン戦は8日、各地で3試合が行われた。西武の松坂大輔投手は広島戦(マツダスタジアム)でオープン戦初登板初先発し、3回3四球4安打で2失点。2回に鈴木誠に一発を浴び、會澤の適時打で追加点を許した。3回は3四球と安打などで満塁としたが、無失点でしのいだ。一方の広島ドラフト1位、森下暢仁投手(明大)は5回で8三振を奪い、3安打無失点と好投。開幕ローテーション入りへ大きくアピールした。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神はドラフト2位の井上広大外野手が巨人戦(甲子園)で“プロ初安打初打点”を記録した。1点を追う8回1死一塁で鍬原から左越えへ同点適時二塁打。高校通算49本塁打の大砲候補が躍動した。巨人では「9番・一塁」で先発出場した北村拓己内野手が8回に同点の2点三塁打を放つなど2安打2打点4出塁をマーク。開幕1軍へ猛アピールした。

 日本ハムは先発のマルティネス投手が6回4安打1失点で開幕へ順調な仕上がりを見せた。横尾俊建内野手が2回に1号ソロを放ち、定位置奪取へアピール。オリックスは先発の田嶋大樹投手は4回3四球6安打2失点だった。

 ヤクルト・ロッテ戦(神宮)、楽天・中日戦(静岡)、DeNA・ソフトバンク戦(横浜)は雨天中止となった。

阪神 4-4 巨人(甲子園)
【本塁打】
阪神:なし
巨人:なし

日本ハム 3-1 オリックス(京セラドーム)
【勝】マルティネス 【負】田嶋
【セーブ】長谷川
【本塁打】
日本ハム:横尾(1号)
オリックス:なし

広島 3-3 西武(マツダスタジアム)
【本塁打】
西武:山川(1、2号)
広島:鈴木誠(2号)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」