野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団で期待の若手は誰? オープン戦で急浮上、開幕1軍入り近づく新星たち

プロ野球は現在、オープン戦の真っ只中。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オープン戦は無観客での開催となっている。ファンの声援がない難しい環境の中で、選手たちはペナントレースの開幕に向けて調整を続けている。

ヤクルト・吉田大成(左)と広島・森下暢仁【写真:津高良和、荒川祐史】
ヤクルト・吉田大成(左)と広島・森下暢仁【写真:津高良和、荒川祐史】

ヤクルトの吉田大成はここまで9打点、塩見泰隆は打率.367、2本塁打

 プロ野球は現在、オープン戦の真っ只中。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オープン戦は無観客での開催となっている。ファンの声援がない難しい環境の中で、選手たちはペナントレースの開幕に向けて調整を続けている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 主力選手たちが状態を上げていく重要な調整の場であるオープン戦。その一方で若手にとっては開幕1軍に向けてアピールする貴重な機会となる。そこでここでは現在行われているオープン戦でアピールする若手に注目。シーズンでも活躍が期待できそうな選手をピックアップしてみたい。

 ここまでのオープン戦で、打者で最も結果を残している若手と言えば、ヤクルトの吉田大成内野手と塩見泰隆外野手の2人。吉田は9試合で27打数9安打、打率.333をマークし、12球団トップの9打点をマーク。塩見も12球団で4位となる打率.367、2本塁打を記録しており、開幕スタメン獲りに向けてアピールを続けている。

 ヤクルトは投手でも清水昇投手や、ソフトバンクの育成から支配下登録で加入した長谷川宙輝投手が結果を残している。ともにオープン戦3試合に登板して防御率0.00となっており、リリーフ陣の一角に食い込んでくる存在として期待される。

 セ・リーグではヤクルト勢のほかにも楽しみな若手が。巨人では戸郷翔征投手は1日のヤクルト戦で5回無失点、6奪三振と好投し、開幕ローテ入りを手中に収めた。北村拓己内野手は出番こそ少ない中で打率.500、出塁率.727とアピール。DeNAでは3年目の斎藤俊介投手がここまで3試合無失点、2セーブと好投を続けている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」