野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • オースティンは「40発打っちゃう」―専門家が期待を寄せるDeNAの注目“3人の打者”

オースティンは「40発打っちゃう」―専門家が期待を寄せるDeNAの注目“3人の打者”

昨季、セ・リーグ2位につけ、球団史上初となる本拠地開催でのクライマックスシリーズ(CS)を掴み取ったDeNA。今季は1998年以来22年ぶりとなるリーグ優勝をかけた負けられないシーズンとなる。しかし、6年連続で20本塁打以上をマークした筒香嘉智外野手がポスティングシステム(入札制度)を利用しMLBレイズへ移籍。精神的な支柱としてもチームを支えた男が抜けた穴は大きい。

DeNA・梶谷隆幸(左)とタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】
DeNA・梶谷隆幸(左)とタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

野口氏は梶谷の野球センスを大絶賛「天才的な回り方」

 昨季、セ・リーグ2位につけ、球団史上初となる本拠地開催でのクライマックスシリーズ(CS)を掴み取ったDeNA。今季は1998年以来22年ぶりとなるリーグ優勝をかけた負けられないシーズンとなる。しかし、6年連続で20本塁打以上をマークした筒香嘉智外野手がポスティングシステム(入札制度)を利用しMLBレイズへ移籍。精神的な支柱としてもチームを支えた男が抜けた穴は大きい。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 だが、悲観することはない。「DeNAの選手のことだから『なんだかんだ言ってそんなにマイナスではなかったね』っていうとこまでは持っていくと思います」と評価するのは現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、17年から2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏だ。

 筒香が抜けた穴は「1人じゃ絶対埋まらない」としながらも選手層の厚さで十分にカバーできると指摘。中でも野口氏がキーポイントに挙げたのはプロ14年目を迎えるベテラン梶谷隆幸外野手の存在だ。

「今年は梶谷が開幕に間に合いそうな雰囲気があります。今年は例年よりも肩の状態が良いらしい。やっぱり彼がいるかいないかは大きな違いなので」

「願望になるけどセンターに梶谷を使ってほしいですね。脚力だったら神里(和毅外野手)よりも梶谷のほうが上ですからね。脚力というか野球の走塁の走力。陸上選手みたいに『よーいドン』で走ったら神里のほうが速いかもしれません。だけど陸上選手じゃない。野球のベースランニングという話なら(梶谷は)天才的な回り方をしますからね」

 ここ2年は怪我や不振に悩まされ、出場試合数は50にも満たず不本意なシーズンを送っていた梶谷。14年には盗塁王に輝いた男を野口氏は中堅のレギュラーに猛プッシュした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」