野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB新ルール“ワンポイント禁止”に監督ら怒りの声 「信じられないことを」

MLB新ルール“ワンポイント禁止”に監督ら怒りの声 「信じられないことを」

MLBと選手会の間で合意に達した、投手の“ワンポント起用”を禁止する新ルールは今季から導入されるが、指揮を執る監督は困惑しているようだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」が報じた現場の声からは、半ば怒りすら感じられる。

MLBは今季から「ワンポイント救援」が禁止に【写真:Getty Images】
MLBは今季から「ワンポイント救援」が禁止に【写真:Getty Images】

米メディア「ジ・アスレチック」によると、多くの監督が新ルールに困惑しているという

 MLBと選手会の間で合意に達した、投手の“ワンポント起用”を禁止する新ルールは今季から導入されるが、指揮を執る監督は困惑しているようだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」が報じた現場の声からは、半ば怒りすら感じられる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 このルールでは、投手は3人の打者との対戦か、イニング終了までの登板が義務付けられる。試合時間の短縮が目的だ。これにインディアンスのテリー・フランコーナ監督は「MLBは信じられないことをしたと思う。新ルールが採用される時に説明を受けるが、今回だけは理解できない。戦い方を決められてしまうんだ」と大反対の様子だったという。“一人一殺”が出来なくなれば、当然投手の使い方、投手の配置の仕方も変わってくるだろう。

 またMLBでは近年敬遠策が減っており、昨季は過去最少だった。カブスのデビッド・ロス監督はこの件に言及し、「敬遠は消えつつあったが、復活するかもしれない。対戦した打者の人数にはカウントされるからね」と隠れた問題を炙り出した。

 敬遠は1955年から記録され、通算762本塁打を放ったバリー・ボンズ以外で満塁敬遠されたのは2008年8月17日のジョシュ・ハミルトンだけであったこと、その時の敬遠を選択した監督はジョー・マドン氏であったと記事は伝える。

 今季は大谷翔平投手が所属するエンゼルスで指揮を執るジョー・マドン監督は、「2死一塁の状況で左打者に対して左腕を登板させるとする。四球を与えて2死一、二塁となり、右打者とは相性が悪い。その次が左打者だったら、敬遠するか? するかもしれない」と、ロス監督の指摘通り、可能性を否定しなかったようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」