野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹バレ&松田宣が初の2者連発 パフォーマンスも2連発 巨人戸郷はいきなり5失点大炎上

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が特大の3ランを放った。10日にPayPayドームで行われた巨人とのオープン戦。初回にいきなりバックスクリーンへの本塁打をかっ飛ばした。

ソロを放ったソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソロを放ったソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

バレンティンは中継カメラに「ピーポー」パフォ、松田宣は無人の右翼席へ「熱男~!」

■ソフトバンク – 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が特大の3ランを放った。10日にPayPayドームで行われた巨人とのオープン戦。初回にいきなりバックスクリーンへの本塁打をかっ飛ばした。

 初回の攻撃だ。牧原が内野安打で出塁すると、続く今宮が右中間への適時二塁打を放って先制。長谷川が右前安打で続くと、バレンティンは巨人先発の戸郷からバックスクリーンへと突き刺す3ランを放った。ダイヤモンドを一周すると、中継カメラの前で「ピーポー」パフォーマンスを披露した。

 さらに続く松田宣は左翼席へと2者連発のソロ本塁打。こちらもダイヤモンドを一周すると、無人の右翼スタンドへと向かって「熱男」ポーズを決めた。ソフトバンクは初回、5者連続安打、2本の本塁打でいきなり5点を奪った。

 巨人先発の戸郷は初回から大炎上。内野安打、二塁打、安打、3ラン、ソロと5者連続安打、2被弾と猛打を浴びせられて、いきなり5点を失った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」