野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・松田宣、1試合2発となる3ラン 無人の右翼席へ2度の熱男パフォ

ソフトバンクの松田宣浩内野手が、1試合2本塁打の大暴れを見せた。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

初回にソロ本塁打を放つと、4回にもこの日2本目の本塁打となる3ラン

■ソフトバンク – 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が、1試合2本塁打の大暴れを見せた。

 PayPayドームで行われた10日の巨人とのオープン戦。まず初回、3ランを放ったバレンティンに続き、2者連発となるソロ本塁打を左翼スタンドへと放った。3回の第2打席でも右前安打を放つと、4回1死一、二塁での第3打席で再び戸郷から左翼スタンドへの一発。今度は3ランとなり、これで3打数3安打2本塁打4打点の大暴れとなった。

 1発目でダイヤモンドを一周すると、無人の右翼スタンドに向かって「熱男~!」パフォーマンスを披露すると、2発目の後もダイヤモンドを一周し再び右翼席へ「熱男~!」と絶叫していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」