野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・松田宣が2発4打点 無人の右翼席に「熱男」と叫んだ胸の内「山川選手が…」

ソフトバンクの松田宣浩内野手が10日、巨人とのオープン戦で1試合2発4打点の大当たり。2本とも無人のライトスタンドに向けて“熱男”パフォーマンスを行った。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

バレンティンに刺激「互いに切磋琢磨して」

■ソフトバンク – 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が10日、巨人とのオープン戦で1試合2発4打点の大当たり。2本とも無人のライトスタンドに向けて“熱男”パフォーマンスを行った。

 この男はすでに絶好調だ。松田が初回にオープン戦2号となるソロ、4回にはダメのダメを押す3ラン。ともに完璧にライトスタンドへと運び「2本とも真っすぐを自分のスイングで打てた」と自画自賛した。

 初回のソロはバレンティンの3ランの直後。「バレンティンは打席で本当に集中している。続けて打てて最高に良かった。昨年30本打って今年は3年連続(30本)を狙っているが、それはバレンティンも一緒。2月1日からいつも一緒にやっていて、すでにチームにも溶け込んでいる。互いに切磋琢磨して打ち合いたい」と、“バレンティン効果”を口にする。

 オープン戦初本塁打は中継カメラに向かって行った“熱男”パフォーマンスだが、この日は2回とも無人のライトスタンドに向かって叫んだ。

「1本目はテレビの前のファンの皆さんのためにと思っていた。昨日、西武の山川選手が2本打ってスタンドに向かって(どすこいパフォーマンスを)豪快にやっていたので、やった方がいいかな、と。気持ちよかった」

 シーズン開幕は延期となったが「こればかりはしょうがない。決まるまで待つしかない」と、残りのオープン戦でもしっかりと調整を続けていくだけだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」