野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ムーアが納得の無失点「1番の収穫は5回投げたこと」 工藤監督「悪いところない」

ソフトバンクのマット・ムーア投手が10日、オープン戦に先発。来日最長の5回を投げ、被安打2、7奪三振の内容で巨人打線を無失点に抑えた。

巨人とのオープン戦に先発したソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】
巨人とのオープン戦に先発したソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

開幕延期には前向き姿勢「準備の時間が増えた」

■ソフトバンク 10-2 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクのマット・ムーア投手が10日、オープン戦に先発。来日最長の5回を投げ、被安打2、7奪三振の内容で巨人打線を無失点に抑えた。

 投げるたびに信頼度が高まっていく。オープン戦3度目の登板となった新助っ人左腕は、初回をわずか6球で3者凡退に抑えると、5回まで好投を続けた。「初回を球数少なくいけたので、リズムを作ることができた。いいスタートだったと思うよ」とムーア。

「今日の1番の収穫は5回まで投げたこと」と語り、「その中でまっすぐだけでなく変化球も試せた。カットボールは自分でもまだ納得できないし、カーブは横滑りしている」と反省することも忘れない。

「オープン戦は結果にこだわる必要はない。もちろん良い結果であるに越したことはないけど、イニングを重ねたり、チームメートと試合の時間を共有したり、ほかにもやるべきことはあるからね」

 開幕ローテ入りが確実視されていたが、9日にはシーズン開幕延期が決まった。それについては「その分、準備の時間が増えたとプラスに捉えればいい」と前向きだ。

 工藤公康監督も「悪いところがないね」と称賛。このままいい形で調整が続けられれば、開幕ローテの約束手形をそのまま維持していけるだろう。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」