野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

無観客のドームに流れた選手登場曲 ホークス選手会長・中村晃が果たした“粋な仕事”

ソフトバンクの中村晃外野手は、9日の紅白戦に続いて10日の巨人戦も欠場。その一方で、選手会長としての“仕事”をきっちりとこなした。

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

開幕延期については理解「僕たちはいつ開幕してもいいように準備するだけ」

■ソフトバンク 10-2 巨人(オープン戦・10日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの中村晃外野手は、9日の紅白戦に続いて10日の巨人戦も欠場。その一方で、選手会長としての“仕事”をきっちりとこなした。

 腰の張りについては「もう大丈夫です」とし、この日も試合前練習を通常通りにこなしていた。「試合に出られる状態なんですけどね」と話すが、首脳陣が大事を取ったものと思われる。

 無観客試合が続く中で、この日からホークス選手の登板や打席ではそれぞれの登場曲がドーム内に流れた。中村晃が選手会長として選手の意見を吸い上げ、球団側に提案して採用されたという。「試合の雰囲気を少しでも出せればと思って。静かな中でやるより、ちょっとは試合の感じが出たかなと思います」。

 開幕が延期になったことについては「仕方ないですし、なかなか収まらないので……。僕たちはいつ開幕してもいいように準備するだけです」と語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」