野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 甲子園
  • 選抜が消えた日… 長崎・創成館が大型看板とブログに記した次へ向かう気持ち

選抜が消えた日… 長崎・創成館が大型看板とブログに記した次へ向かう気持ち

国道34号線に面したある場所を通ると、目に飛び込んで来る看板がある。「春の忘れ物は夏、取りに行きます。暖かいご声援ありがとうございます」――。短く、強いメッセージは、中止となった選抜に出場予定だった長崎・創成館高校のものだった。

今春の選抜出場予定だった長崎・創成館高校【写真:学校提供】
今春の選抜出場予定だった長崎・創成館高校【写真:学校提供】

長崎・創成館の奥田修史校長が地域に向けて発信した言葉が話題に

 国道34号線に面したある場所を通ると、目に飛び込んで来る看板がある。「春の忘れ物は夏、取りに行きます。暖かいご声援ありがとうございます」――。短く、強いメッセージは、中止となった選抜に出場予定だった長崎・創成館高校のものだった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 史上初の中止の連絡を受けた同校の奥田修史校長が迅速に動いた。「とにかくなるべく早く(看板を)出したかった。私たちはたくさんの地域の応援を受け、『創成館、どうするんだろう』と中止を受け心配する声をたくさんいただいたので、その答えを出したかった」。学校内のデザイン科にある大型プリンターで4枚の用紙に思いを込めた言葉を印刷し、繋ぎ合わせた。掲示したこの場所は長崎県内でも多くの交通量のある道だった。

 悔しく、残念がったのは球児だけではない。学校関係者、保護者、地域の人々……。この事態にどこに感情をぶつけていいか、わからない。しかし、この看板と奥田校長が記したブログのメッセージがその気持ちを少しだけ和らげた。

 ブログにはこのようにある。

―――

 野球部の部員の皆さん、支えてくださる保護者の皆さん。辛いですよね。
たまんないですよね。

 この気持ち、どこにぶつけていいか分かんないですよね。私も一緒です。大きな大きな忘れものをした感じがします。

 みんなで、耐えましょう。

 耐えて、耐えて、耐え抜いて、強く優しい人間になりましょう。

 成長できる機会と信じて、この時を活かしましょう。

 そして、夏。

 みんなで、この忘れものを取りにいきましょう。

 みんなで、ね。

―――

 学校、チーム、地域がまたひとつになって甲子園を目指していきましょう、という新たな目標に向かって、創成館は動き出している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」