野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリT-岡田、虎藤川から京セラ5階席へ軽々運ぶ特大3ラン 自身も納得「いい手ごたえ」

オリックスのT-岡田外野手のバットから轟砲が鳴り響いた。13日、阪神の主催試合として京セラドームで行われた一戦で5階席まで運ぶ豪快な逆転3ランを放った。

オリックス・T-岡田【写真:荒川祐史】
オリックス・T-岡田【写真:荒川祐史】

T-岡田にとっては待望のオープン戦2本目となる本塁打

■オリックス – 阪神(オープン戦・13日・京セラドーム)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 オリックスのT-岡田外野手のバットから轟砲が鳴り響いた。13日、阪神の主催試合として京セラドームで行われた一戦で5階席まで運ぶ豪快な逆転3ランを放った。

 4点のリードを許し迎えた6回、阪神の2番手藤川から打線が2点を返し、なおも1死二、三塁の場面で5回の守備から途中出場していたT-岡田が第1打席に立った。カウント0-1から藤川が投じた渾身のストレートを力むこと無く振り抜いた。快音を残すバットから放たれた豪快すぎる打球はそのまま京セラドーム無人の5階席へ。チームをリードを与える3ランとなった。この回、一挙5得点を奪い形勢を逆転した。

 T-岡田は「打ったのはストレートです。いいピッチャーなので、速いストレートに合わせて打席に入っていました。しっかりと振り抜くことが出来ましたし、いい手ごたえで打つことが出来ました!」と本塁打の手応えを口にした。

 T-岡田にとってオープン戦2本目となる待望の本塁打。対する藤川は1イニングを投げ2奪三振も5安打5失点とピリッとしない内容となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」