野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島・大瀬良は5回投げて6安打4失点 鷹・東浜も5失点で両“開幕投手”に課題

広島の大瀬良大地投手が13日、PayPayドームでのソフトバンクとのオープン戦に先発し、5回6安打4失点で降板した。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

大瀬良は3回に1点を失うと、4回には一気に3失点

■ソフトバンク – 広島(オープン戦・13日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 広島の大瀬良大地投手が13日、PayPayドームでのソフトバンクとのオープン戦に先発し、5回6安打4失点で降板した。

 初回は2安打を許しながら、無失点、2回は3者凡退に封じていた大瀬良。3回に自らの悪送球で走者を出すと、中村晃の適時打で1点を失った。4回には明石の右中間を破る適時二塁打で1点を失い、なおも2死二、三塁で牧原に左前に2点適時打を浴びた。5回で101球に達し、6安打4失点でマウンドを降りた。

 ソフトバンクの東浜巨投手も初回に4点を失うなど3回を投げて7安打5失点。ともに延期となった開幕投手に決まっていた2人だが、課題を残す投球となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」