野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・古谷が2回パーフェクト救援 最速154キロ、真っ直ぐ20球中150キロ超え13球

ソフトバンクの古谷優人投手が、2イニングをパーフェクトに封じる好リリーフを見せ、アピールに成功した。

ソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】

4回から登板して2イニングを無安打無失点、150キロ超えを連発

■ソフトバンク – 広島(オープン戦・13日・PayPayドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの古谷優人投手が、2イニングをパーフェクトに封じる好リリーフを見せ、アピールに成功した。

 13日の広島とのオープン戦に4回から登板。先頭のピレラをこの日最速の154キロで一邪飛に打ち取ると、150キロ超えを連発し、會澤を空振り三振、田中を遊ゴロに仕留めた。2イニング目も小園を見逃し三振、野間をニゴロに抑え、最後は菊池を三ゴロに仕留めた。

 2イニングを投げて無安打無失点、2つの三振を奪うパーフェクトリリーフ。投じたストレート20球のうち、150キロ超えが13球(1球は球速表示されず)と剛球を連発した。オープン戦序盤は調子を落として制球を乱していたが、ここに来て復調。開幕1軍入りへアピールしている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」