野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「お前は三振か長打でいい」―鷹期待の育成リチャードの気持ちを楽にしたコーチの助言

13日の広島とのオープン戦で、ソフトバンクの育成選手・リチャード内野手が途中出場ながら2長打2打点の活躍を見せた。

2打点をマークしたソフトバンク・砂川リチャード【写真:藤浦一都】
2打点をマークしたソフトバンク・砂川リチャード【写真:藤浦一都】

工藤監督も称賛「どちらもナイスバッティング」

■ソフトバンク 10-5 広島(オープン戦・13日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 13日の広島とのオープン戦で、ソフトバンクの育成選手・リチャード内野手が途中出場ながら2長打2打点の活躍を見せた。

 この日のリチャードは、上林誠知外野手らと筑後での2軍教育リーグ(中日戦)にも出場。広島戦では6回表の守備から三塁に入った。

 7回、相手エラーで同点に追いつき、なおも一、二塁というチャンスで最初の打席が巡ってきた。フルカウントからの7球目、低めのスライダーに右膝をつくようにして食らいつくと、レフトへの勝ち越しタイムリー二塁打となった。

「最近打ってなかったので、そろそろ打たないとやばいなと思っていました」というリチャード。その間、打撃コーチからは「お前は三振か長打でいいんだ」と言われたことで気持ちが楽になったという。

 8回2死一塁での第2打席では、センター方向へ再びタイムリー二塁打。リチャードは「その前の打席で点を入れていたので気楽に入れた。ランナーは一塁でしたが、長打なら点数が入ると思っていました」と振り返った。

 工藤公康監督は「どちらもナイスバッティング。変化球にうまく対応しましたね。いいアピールになったし、ベンチでもいいムードメーカーになっています」と目を細めた。夢の支配下登録をさらに近づける2安打になったことは間違いないだろう。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」