野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・上林&ドラ1佐藤が2安打アピール 広島は鈴木誠&坂倉に一発、試合は引き分け

ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島とオープン戦を戦い、4-4の引き分けに終わった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ソフトバンクは先発ローテを争う松本が3回1失点、二保が3回無失点と好投

■ソフトバンク 4-4 広島(オープン戦・14日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島とオープン戦を戦い、4-4の引き分けに終わった。

 ソフトバンクは初回1死から、高田、長谷川、バレンティンの3連打で先制。5回には上林が右前安打で出塁すると、ドラフト1位の佐藤が左前安打で続く。三森の一ゴロで上林が本塁を突く好走塁を見せて勝ち越した。7回には佐藤が右越えの適時二塁打、高谷にも適時二塁打が出てリードを広げた。この日は上林と佐藤の若手2人が2安打とアピールした。

 投げては先発の松本が最速152キロをマークして3回を1失点。松本とともにローテを争う二保は2番手で登板して、3回を1安打無失点と好投し、ローテ候補の2人がともに結果を残した。7回はサファテが無失点に封じたが、8回に岩嵜が鈴木にソロ、坂倉に2ランと2発を被弾して追いつかれた。

 広島はこの引き分けでオープン戦5試合連続勝ちなし。先発の床田は5回を投げて6安打2失点とまずまずの投球だったが、3番手の一岡が2失点。打線では2回に安部がソロ、8回には代打で登場した鈴木誠のソロ、坂倉の同点2ランが飛び出して引き分けに持ち込んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」