野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム栗山監督、清宮がサヨナラ打放つも頬緩めず「言いたいことは山ほどある」

日本ハムは14日、DeNAとのオープン戦に逆転サヨナラ勝ちした。2点を追う9回、宇佐見真吾捕手の2点適時二塁打で同点に追いつくと、オープン戦初先発した清宮幸太郎内野手がサヨナラ打を放った。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

先発のロドリゲスの乱調には「ボールが悪いわけじゃない」

■日本ハム 8-7 DeNA(オープン戦・14日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは14日、DeNAとのオープン戦に逆転サヨナラ勝ちした。2点を追う9回、宇佐見真吾捕手の2点適時二塁打で同点に追いつくと、オープン戦初先発した清宮幸太郎内野手がサヨナラ打を放った。

 昨秋の右肘手術の影響で出遅れていた清宮の快音にも、栗山英樹監督が頬を緩めることはなかった。「最後は良かったけど、それまでの打席は何かこう……言いたいことは山ほどあるので、本人に直接言います」と言葉を飲み込んだ。この日の清宮は初回2死満塁で櫻井から押し出し四球を選び、3回にも四球で出塁した後、5回と8回は右飛に倒れていた。「人生の中で今が1番必死になって野球をやらなきゃいけない時期」とハッパをかける指揮官の目には、まだ足りないものがあると映っているようだ。

 投手陣は、先発したロドリゲスが4回に7安打6失点と突如乱れた。栗山監督は「ロドがやられるのはああいう感じが多い。いろいろ気になることあるので、ピッチングコーチに伝えてもらう。これが公式戦じゃなくて良かった。ボールが悪いわけじゃないので」と修正の指示を出した。

 この日の試合で指揮官が唯一褒めたのは、ドラフト4位ルーキーの鈴木健矢投手。ロドリゲスに代わってマウンドに上がり、オースティンを空振り三振に仕留めてピンチを断ち切ると、続く5回すも中軸を3人で片付けた。「ほぼ全部のバッターに完ぺき。こういうイメージを元々持っていた。ナイスピッチング」と称えていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」