野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「新庄2世」が与田中日でブレークなるかートレード移籍で取り戻した「小学生の心」

表情を見れば、心のうちがすぐ分かる。オリックスから中日に来て、2年目のシーズン。武田健吾外野手は、噛みしめるように言う。「楽しいですね」。決して、古巣がそうでなかったわけじゃない。新天地で見出した自らの可能性に、ワクワクが止まらないようだ。

中日・武田健吾【写真:小西亮】
中日・武田健吾【写真:小西亮】

19年途中に中日へトレード移籍した武田は外野の定位置奪取へ長打力を発揮

 表情を見れば、心のうちがすぐ分かる。オリックスから中日に来て、2年目のシーズン。武田健吾外野手は、噛みしめるように言う。「楽しいですね」。決して、古巣がそうでなかったわけじゃない。新天地で見出した自らの可能性に、ワクワクが止まらないようだ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 振り返れば、花開きかけた時もあった。身体能力の高さと三拍子揃ったセンスから「新庄2世」とも呼ばれた高卒の外野手は、プロ5年目の2017年に頭角を表す。交流戦で全体3位となる打率.382をマーク。シーズンを通しても97試合に出場した。

 しかし翌18年はスタメンに定着できず、どんどん存在感が薄れていく。「結果を出すために、ああしなきゃ、こうしなきゃって考え過ぎていたところもありました」。期待値の量だけもらう数多の助言を、自らで消化しきれない。もちろん結果は伴わず、さらに迷いに入り込む。そんな悪循環に陥ってしまっては、純粋に野球に没頭しているとは言い難かった。

 19年も開幕から長く2軍暮らし。季節が夏へと向かうころに突然届いた知らせは、まさに救いの手だった。同僚の松葉貴大投手とともに、2対2の交換トレードで中日に移籍。驚きはあったが「僕にとっては、前向きなことだと思えました」。7月から1軍で2か月間プレー。与田剛監督が新たに就任し、首脳陣も大幅に入れ替わった「新生ドラゴンズ」の水も合った。

 この年はプライベートでも大きな変化も。春先に、3歳上の女性と5年間の交際の末に結婚。トレードで、一緒に名古屋に移り住んだ。「すごく賢い人で、一緒にいて落ち着きます」。愛妻の希望もあって、今は愛猫2匹も一緒に暮らす。「自分はもともと犬派だったんですが、かわいいっす」と相好を崩す。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」