野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹リチャード&尾形に続くのは巨人沼田?日ハム長谷川? OP戦でアピールした育成選手

15日に各地で6試合が行われたプロ野球のオープン戦。新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕は延期となってしまったものの、無観客で行われてきたオープン戦はこれで終了となった。ここから先、各球団は練習試合を行いながら、新たに決まる開幕の日に向けて調整を続けていくことになる。

日本ハム・長谷川凌汰【写真:石川加奈子】
日本ハム・長谷川凌汰【写真:石川加奈子】

日本ハムの長谷川は育成ルーキーながら、オープン戦5試合を無失点

 15日に各地で6試合が行われたプロ野球のオープン戦。新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕は延期となってしまったものの、無観客で行われてきたオープン戦はこれで終了となった。ここから先、各球団は練習試合を行いながら、新たに決まる開幕の日に向けて調整を続けていくことになる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 主力選手の調整期間として活用されるとともに、若手選手のアピールの場ともなるオープン戦。今年も各球団で若手の奮闘があり、その中では支配下昇格を目指す育成選手のアピールも目立った。そして、16日にはソフトバンクの尾形崇斗投手、砂川リチャード内野手が支配下昇格を勝ち取った。

 この2人のほかにも、オープン戦中に結果を残した育成選手はいる。そこで、オープン戦に出場した育成選手の結果を振り返り、支配下昇格の可能性を探ってみよう。まず、パ・リーグだ。

○ソフトバンク
尾形崇斗投手(支配下決定)
5試合1勝0敗0S 11回4安打0失点 0.00
砂川リチャード内野手(支配下決定)
12試合22打数6安打2本塁打4打点 .273

○ロッテ
ホセ・アコスタ投手
2試合0勝1敗0S 1.1回3安打2失点 13.50
和田康士朗外野手
8試合4打数1安打0本塁打1打点 .250

○日本ハム
長谷川凌汰投手
5試合0勝0敗1S 5回2安打0失点 0.00
宮田輝星外野手
1試合0打数0安打0本塁打0打点 -
樋口龍之介内野手
5試合11打数1安打0本塁打0打点 .167
海老原一佳外野手
2試合4打数1安打0本塁打1打点 .250
高濱祐仁内野手
2試合0打数0安打0本塁打0打点 ー

 ソフトバンクの尾形、リチャード以外で、最も支配下昇格の可能性が高そうなのが日本ハムの長谷川。BCリーグ新潟から育成ドラフト3位で入団したばかりの育成新人右腕でオープン戦5試合で1点も取られず。防御率0.00と結果を残している。

 日本ハムでは長谷川と同じBCリーグ新潟から入団した育成ルーキー樋口もオープン戦で5試合に出場。宮田や海老原、高濱ら、ロッテのアコスタや和田はオープン戦に出場こそしたが、アピールとはいかなかった。

 セ・リーグはどうだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」