野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ鳥谷、「感謝」の初実戦 移籍後初安打で3の1、守備では超美技

前阪神でロッテの鳥谷敬内野手が17日、ロッテ浦和球場で行われた2軍の練習試合・巨人戦で“実戦デビュー”を果たした。「3番・遊撃」でスタメン出場すると、第2打席で左翼線へ初安打。打撃では3打数1安打、守備ではスーパープレーを披露して攻守で躍動した。

巨人2軍との練習試合に「3番・遊撃」で出場したロッテ・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
巨人2軍との練習試合に「3番・遊撃」で出場したロッテ・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

左前安打で二塁を狙ってタッチアウト「感覚試したくて、無理して行った」

 前阪神でロッテの鳥谷敬内野手が17日、ロッテ浦和球場で行われた2軍の練習試合・巨人戦で“実戦デビュー”を果たした。「3番・遊撃」でスタメン出場すると、第2打席で左翼線へ初安打。打撃では3打数1安打、守備ではスーパープレーを披露して攻守で躍動した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回いきなり先頭の湯浅の遊ゴロを捌いた鳥谷。その裏の第1打席は巨人先発の戸郷の前に三邪飛に倒れた。第2打席は3回1死走者なしで巡ってきた。戸郷の初球を捉え、打球は左翼線へ。ロッテでの初安打としたが、一気に二塁を狙ってタッチアウトになった。

 その直後の4回の守備では、若林の三遊間の詰まった打球を捕球し、素早い握り替えから華麗なランニングスロー。ノーバウンドで一塁へと送り、間一髪のところでアウトにした。5度のゴールデングラブ賞を獲得した守備力が凝縮されたスーパープレーだった。5回の第3打席はフルカウントから見逃し三振に倒れ、その直後に交代。ロッテのユニホームを着ての初実戦は3打数1安打だった。

 試合後、報道陣に対応した鳥谷は「最初から(スタメンで)グラウンドに立つということは、昨年はなかなできなかった。その場所に立てていることに感謝を持ちながらやりました」とコメント。スタメンとして試合に出られたことに感謝した。

 阪神時代との違いを問われると「当然、環境の違いはある。先日(2軍合流初日)は(報道陣が)たくさんいたけれど、昨日は誰もいなかった。誰も見ていない所で練習するのは嫌いじゃない。しっかり自分と向き合える時間はあるのかな」とニヤリ。暴走気味に二塁を狙った3回の走塁については「キャンプもしていないし、スライディングすることもあまりしていない。自分の感覚を試したくて、多少無理をして行った」と説明した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」