野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

王貞治会長も惚れ込んだ鷹リチャードの成長 父は軍施設勤務、兄はマイナー選手

いかにもスラッガー然とした体躯を誇るソフトバンクのリチャード内野手が、3月16日に育成枠から支配下登録へと移行された。

ソフトバンク・リチャード【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・リチャード【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

「ポスト松田宣浩」として期待されるリチャード、王貞治会長も惚れ込む

 いかにもスラッガー然とした体躯を誇るソフトバンクのリチャード内野手が、3月16日に育成枠から支配下登録へと移行された。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 本名は砂川リチャード・オブライエン。沖縄生まれの20歳だ。父は軍事施設で働く米国人で、兄のジョーイ・オブライエンは地元の高校を卒業後にアメリカの学校に進学して、米大リーグのマリナーズからドラフト指名を受けてマイナーリーグでプレーをしている。

 リチャードは育成選手だったため当然1軍出場はない。2軍公式戦もプロ1年目は出場ゼロで、2年目だった昨季も8試合しか出場歴がない。しかも13打数1安打、打率.077だった。しかし、昨年、3軍の非公式戦では12本塁打を放ち、大器の片りんを予感させたのである。

 昨年までの6年間で5度も日本一に立ったホークス。主力選手は球界トップレベルのスターぞろいだ。ただ、その壁があまりに高すぎるために戦力の入れ替わりが難しくなっている。気付けば内川聖一内野手は今年38歳、松田宣浩内野手は今年37歳になる。まだ一線級でバリバリ活躍できる実力者だが、次代のホークスに向けて手を打っておかなければならないのも事実である。

 リチャードは「ポスト松田」として期待を寄せられている。自慢の長打力に誰よりも惚れ込んだのが、王貞治球団会長だった。昨秋の宮崎キャンプでは50分間の特打をつきっきりでチェックしてもらい「余分な力が入っているぞ!」とゲキを飛ばされるシーンもあった。さらに、その後参戦する台湾でのアジア・ウインターリーグに向けて「3試合に1本だから(全18試合で)6本ホームランを打ったら、何か(プレゼントを)やるよ」と約束まで交わした。

 これに「やるしかないです」と目を輝かせていたリチャード。台湾では最初の6試合で3本塁打を量産してノルマ以上の活躍を見せた。その後は快音は聞かれずに結局3発で終わったが、同リーグの本塁打王に輝き、17打点も同2位の好成績だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」