野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ鳥谷「今までやってきた経験生きた」超美技 初実戦で華麗ランニングスロー

前阪神でロッテの鳥谷敬内野手が17日、ロッテ浦和球場で行われた2軍の練習試合・巨人戦で“実戦デビュー”を果たした。「3番・遊撃」でスタメン出場し、第2打席で左翼線へ移籍後初安打。守備では華麗なランニングスローを披露し、攻守で躍動した。

巨人2軍との練習試合に「3番・遊撃」で出場したロッテ・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
巨人2軍との練習試合に「3番・遊撃」で出場したロッテ・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

新天地ロッテでの初実戦終え「新しいスタートというより…」

 前阪神でロッテの鳥谷敬内野手が17日、ロッテ浦和球場で行われた2軍の練習試合・巨人戦で“実戦デビュー”を果たした。「3番・遊撃」でスタメン出場し、第2打席で左翼線へ移籍後初安打。守備では華麗なランニングスローを披露し、攻守で躍動した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 初回いきなり先頭の湯浅の遊ゴロを捌いた鳥谷。その裏の第1打席は巨人先発の戸郷の前に三邪飛に倒れた。第2打席は3回1死走者なしで巡ってきた。戸郷の初球を捉え、打球は左翼線へ。ロッテでの初安打としたが、一気に二塁を狙ってタッチアウトになった。

 その直後の4回の守備では、若林の三遊間の詰まった打球を捕球し、素早い握り替えから華麗なランニングスロー。ノーバウンドで一塁へと送り、間一髪のところでアウトにした。試合後、鳥谷は「あれは、うまく捌いたというより、打者が1軍でもやっている選手なので、球種にも合わせて、1歩2歩(三遊間方向に)寄っていた。今までやってきた経験が生きたプレーです」と解説。ゴールデングラブ賞5度の経験値が凝縮されたプレーだった。

 16年間在籍した阪神を離れ、ロッテという新天地で再スタートを切った鳥谷。「新しいスタートというより、自分がやってきたことを継続して、自分のプレーをもう一度見てもらうという感じです」と語り、ロッテ鳥谷としての第1歩を振り返っていた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」