野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ鳥谷、実戦2戦目の第1打席は四球 「3番・三塁」でスタメン

ロッテに入団した前阪神の鳥谷敬内野手は18日、ロッテ浦和球場での2軍練習試合・巨人戦に「3番・三塁」でスタメン出場した。17日に初実戦に出場した鳥谷。これがロッテでの実戦2試合目となる。

3番・三塁でスタメン出場したロッテ・鳥谷敬【写真:宮脇広久】
3番・三塁でスタメン出場したロッテ・鳥谷敬【写真:宮脇広久】

17日の初実戦では初安打を放ち、遊撃で好守も見せた鳥谷

 ロッテに入団した前阪神の鳥谷敬内野手は18日、ロッテ浦和球場での2軍練習試合・巨人戦に「3番・三塁」でスタメン出場した。17日に初実戦に出場した鳥谷。これがロッテでの実戦2試合目となる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 初回1死二塁のチャンスで、この日の第1打席に立った鳥谷。巨人先発の桜井のボールをしっかり見極めると、四球を選んで後続へと繋いだ。

 相手先発の巨人先発・桜井は昨季8勝6敗で、鳥谷との対戦は2打数1安打だった。鳥谷は前日(17日)の同カードで、3番・遊撃で“ロッテ実戦デビュー”し、3打数1安打だった。少なくとも22日までは毎日2軍戦に出場し、遊撃、三塁の他、二塁も守り、1軍昇格をうかがう予定だ。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」