野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神藤浪、開幕ローテに向けテーマは“脱力感” 3回1失点に「すごい悪いとは思わない」

阪神の藤浪晋太郎投手が18日、オリックス2軍との練習試合(オセアンBS)に登板。6回から3番手としてマウンドに上がり3イニングを5安打1失点。この日のテーマは力感の無い中での投球だったが「感触は悪くなった。すごい悪いとは思わない」と手応えも口にした。

阪神・藤浪晋太郎【写真:橋本健吾】
阪神・藤浪晋太郎【写真:橋本健吾】

脱力がテーマ「常にそれじゃ長いイニングを投げられないので」

 阪神の藤浪晋太郎投手が18日、オリックス2軍との練習試合(オセアンBS)に登板。6回から3番手としてマウンドに上がり3イニングを5安打1失点。この日のテーマは力感の無い中での投球だったが「感触は悪くなった。すごい悪いとは思わない」と手応えも口にした。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 藤浪の出番は1点ビハインドの6回。先頭の西野に四球を与えるなど1死二塁のピンチを背負うと大下に中前タイムリーを浴び失点。2イニング目となった7回は2死二塁と再びピンチも西野をスライダーで空振り三振に仕留め無失点。

 最終イニングとなった8回は2死から佐藤優、比屋根に連打を浴び一、三塁としたが稲富が放った中堅へ強烈なライナーを江越がダイビングキャッチを見せ何とか無失点に抑えた。

 試合後の藤浪は「感触は悪くなかった。すごい悪いとは思わない」と振り返り「力感のない中で打者との距離を詰められなかった。間、リズムだったり。1、2、3と単調になった部分もあった」と課題も口にした。

 最速は157キロをマークするなど力を入れた時のボールは打者を圧倒しており、これは本人も自覚している。

「しっかり腕を振って力を入れた時は抑えられるけど、常にそれじゃ長いイニングを投げられないので」

 開幕ローテは西勇、青柳、高橋、新助っ人のガンケルが決定的。藤浪は残る2枠を争うことになる。脱力した中でどれだけ打者を抑えられるか。開幕ローテ入りに向け課題を消化していく。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」