野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

遊撃か三塁かそれとも一塁? 定位置奪取目指すロッテ鳥谷、狙い目のポジションは

前阪神でロッテに入団した鳥谷敬内野手は17日から19日まで、2軍練習試合の巨人3連戦(ロッテ浦和)に出場し、遊撃、三塁、二塁の3ポジションをこなしたが、“便利屋”にとどまっているつもりはない。38歳のレジェンドがレギュラーを狙うには、どのポジションが“狙い目”なのか。

3番・二塁でスタメン出場したロッテ・鳥谷敬(左)【写真:宮脇広久】
3番・二塁でスタメン出場したロッテ・鳥谷敬(左)【写真:宮脇広久】

遊撃本命は藤岡、三塁にはレアード、二塁には中村奨が立ちはだかる

 前阪神でロッテに入団した鳥谷敬内野手は17日から19日まで、2軍練習試合の巨人3連戦(ロッテ浦和)に出場し、遊撃、三塁、二塁の3ポジションをこなしたが、“便利屋”にとどまっているつもりはない。38歳のレジェンドがレギュラーを狙うには、どのポジションが“狙い目”なのか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 鳥谷は今月10日に入団が発表された直後から「野球をやる以上、当然レギュラーを狙っていく」と強調。一方で、自由契約を経て1軍最低保障額の今季年俸1600万円(推定)で“拾われた”立場とあって、定位置が用意されているわけでないことは承知している。「現状では、空いているポジションに入っていってチャンスをつかむしか、方法がない。どのポジションでもできるように、しっかり練習したい」と覚悟を決めている。

 鳥谷の本職でゴールデングラブ賞を4度受賞している「遊撃」には、プロ3年目で26歳の藤岡裕大内野手がいる。ルーキーイヤーの一昨年に全143試合出場を果たし、昨季はレギュラー定着を期待されたのだが、3度にわたる故障で81試合出場にとどまった。ただ、9月に月間打率.353をマークするなど、実力はうかがわせた。同程度の成績なら、将来を見据えて年齢の若い方が優先的に起用されるのが球界の常であり、鳥谷にとっては決して御しやすい競争相手ではないが、やはり1番可能性の高いポジションといえるのではないか。

 三塁のレギュラー本命は、昨季に球団史上14年ぶりの30本塁打(32本)をマークしたブランドン・レアード内野手だ。その長打力はチームにとって貴重。ただし、角中勝也外野手らの打撃成績との兼ね合いで、レアードが専らDHに回るようなことになれば、鳥谷にサードの定位置奪取の視界が開けてきそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」