野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日が“大瀬良撃ち”で幻の開幕戦を逆転勝利! 柳6回1失点の好投&大島が決勝打

中日は20日、マツダスタジアムで行われた広島との練習試合を4-3で逆転勝ち。7回に京田の適時打で同点、大島の2点タイムリーで逆転に成功。投げては先発の柳が6回1失点と好投を見せた。

中日・柳裕也【写真:荒川祐史】
中日・柳裕也【写真:荒川祐史】

広島の先発・大瀬良は6回まで好投を続けたが7回に中日打線につかまる

 中日は20日、マツダスタジアムで行われた広島との練習試合を4-3で逆転勝ち。7回に京田の適時打で同点、大島の2点タイムリーで逆転に成功。投げては先発の柳が6回1失点と好投を見せた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 先取点を奪ったのは広島。3回2死走者なしから菊池涼が中日柳の116キロスライダーを強振。打球は左中間に飛び込むソロとなり1点を奪った。

 中日は広島先発・大瀬良を捉えることができず6回まで無得点が続いたが7回に反撃に出た。先頭のビシエドが二塁打で出塁するなど1死一、二塁のチャンスを作ると、京田が右前適時打を放ち同点。さらに2死満塁から大島が2点タイムリー二塁打、高橋の一塁内野安打でこの回一挙4点を奪い逆転に成功した。

 先発の柳は6安打を浴びたが失点は菊池涼に浴びた1点のみ、6回1失点で降板。7回からは橋本、ゴンザレス、岡田の継投で広島打線を封じた。

 広島は大瀬良が6回まで快投を演じていたが7回に中日打線につかまり7回7安打4失点で降板。打線は9回に2死から鈴木、上本、會澤の3連打で1点を返し、さらに堂林が放った遊撃へのゴロを京田が一塁へ悪送球し1点差に。だが、最後は2死一、三塁から高橋大が倒れ敗れた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」