野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹スチュワート、5回1失点上々デビュー 指揮官は1軍再登板を示唆「チャンス与える」

ソフトバンクは20日、ロッテとの練習試合初戦に4-2で勝利。工藤公康監督は“幻の開幕戦”で勝利投手になったカーター・スチュワートJr.投手について高く評価した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

背中に死球を受けた上林については「明日以降トレーナーの報告を聞いてから」と慎重な姿勢

 ソフトバンクは20日、ロッテとの練習試合初戦に4-2で勝利。工藤公康監督は“幻の開幕戦”で勝利投手になったカーター・スチュワートJr.投手について高く評価した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 練習試合とはいえ、昨年苦汁を飲まされた宿敵との“初戦”に勝利。先発のスチュワートは初回の3四球を含む5四球ながらも失点はレアードに許したソロ本塁打のみ。

 工藤監督は「ボールの走りも良かったですね。緊張感もあって最初は四球もありましたが、修正(力)も見せた。ここで決めたいというボールは、ギアを上げて投げてることができていました。楽しみが増えました。最初にしては上々のピッチングだと思います」と笑顔で評価した。今後の起用については「確定はしていない」としながらも「チャンスを与える機会はある。また(1軍で)見たいと思います。そこはファームのコーチとも話をしながら考えていきます」と語った。

 打つ方では4番に入った松田宣浩内野手が先制のソロ本塁打。一塁手としてスタメン出場した栗原陵矢捕手が2安打1打点1盗塁の活躍。一時当たりが止まっていた栗原にとってはうれしい結果となった。工藤監督は栗原について「考えながら練習していますし、少しずつ上がってきています。悪い時に練習でどう克服するかが大事」と目を細めた。

 また、2回の第1打席に背中に死球を受けながら、6回に2点タイムリー三塁打を放った上林誠知外野手については「(状態は)明日以降トレーナーの報告を聞いてから。今日は試合の緊張感の中でやっているので、明日にならないとわからない」と慎重に様子を見るようだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」