野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 韓国ロッテが新型コロナ対策で本拠地を消毒 防護服姿で滅菌に臨む様子が公開

韓国ロッテが新型コロナ対策で本拠地を消毒 防護服姿で滅菌に臨む様子が公開

韓国プロ野球(KBO)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月28日に開幕する予定だったシーズン開幕戦を4月以降へ延期した。ロッテ・ジャイアンツは20日に球団公式インスタグラムを更新し、感染防止のために球団施設を消毒する様子を公開した。

韓国プロ野球も新型コロナウイルスの影響で開幕が延期に【写真:Getty Images】
韓国プロ野球も新型コロナウイルスの影響で開幕が延期に【写真:Getty Images】

消毒が行われた球場では練習を行っているが、開幕日は未定のまま

 韓国プロ野球(KBO)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月28日に開幕する予定だったシーズン開幕戦を4月以降へ延期した。ロッテ・ジャイアンツは20日に球団公式インスタグラムを更新し、感染防止のために球団施設を消毒する様子を公開した。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 ロッテ・ジャイアンツは釜山にある本拠地、社稷野球場の内部の防疫を行った。写真にはスタッフは消毒のためのミストをトレーニング室やロッカールームに噴射する姿が写されている。その姿は防護服にマスク姿で肌の露出を最低限に抑え、厳戒態勢で行われたことがうかがえる。トレーニングルームを始めトイレやレストランの球場施設など、広範囲に渡って消毒を行ったようだ。

 韓国では新型コロナウイルスの感染が拡大し、死者は100人を超えている。選手たちは現在も球場で練習を行ない調整を続けてはいるものの、開幕の明確な見通しは立っていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」